腰痛対策にはストレッチボードでひざ裏伸ばしストレッチを

3.5
トレーニングアクセサリー

学生時代から腰痛に悩まされてきた私。あまりに痛くて歩けなくなったこともあります。
ある日、治療に訪れた整体で思いっきりひざ裏を伸ばされ、腰痛の原因がひざ裏にあることを知りました。

腰痛の原因はひざ裏にあり

長時間デスクワークをした後に立ち上がろうとしたらひざ裏が伸びなくて固まってしまったように感じることがあります。
これはひざを曲げた姿勢を長時間、続けたために起きる現象です。
そして、ひざ裏を伸ばせないというのは実はひざ裏の筋肉が固まってしまっっているわけなんです。
ちなみに膝が曲がった姿勢をとってみると膝と共に腰も落ち、前傾姿勢になりますね。
これは姿勢が崩れてしまっているわけです。
つまり、ひざ裏の筋肉が固まってしまうと、姿勢が崩れて、腰痛を引き起こす原因となるんですよ。

ひざ裏伸ばしストレッチをやってみよう

腰痛の原因は崩れた姿勢、そして固まったひざ裏にあるわけですから、腰痛を防ぐには、ひざ裏を伸ばしてやればよいわけです。
ひざ裏伸ばしストレッチで固まったひざ裏を伸ばし、正しい姿勢に戻すことで腰痛の原因を取り除きましょう。
まず両足をきっちり揃えてしゃがみます。
そこからできるだけ両足の間にすき間が出来ないようぴったりくっつけることを意識して立ち上がります。
この時にひざ裏をしっかり伸ばすことが必要です。
それが出来れば、そこから体を前傾させ両手を床に着ける動きをするとよりひざ裏が伸びますね。
日常的には意識してこういう動作を繰り返してみましょう。

このとき、つま先を何かに乗せて角度をつけてやればよりひざ裏が伸びます。
私は外出先でちょっとした段差や縁石などを見つけると足先を乗せ、ひざ裏をグッと伸ばすような動きをよくやります。
ひざ裏には少々痛みを感じると思いますが、それがひざ裏が固まっている証拠です。
この痛みがなくなるくらいまで何度もグイグイッとひざ裏を伸ばしてやります。

このひざ裏伸ばしストレッチですが、毎日、家の中で手軽に簡単に、かつ効果的に負荷をかけて行うにはストレッチボードというものがとても役立ちます
ストレッチボードは何段階かの角度調整が出来るようになっていますから、慣れるにしたがって角度を大きくしてやればより効果的です。
毎日、このストレッチボードに乗ってひざ裏を伸ばす、1分でも2分でもいいです。
たったそれだけで腰痛はかなり改善されるはずですよ。

商品紹介

そこでご紹介したいのが
KEIBIKAストレッチボード
このストレッチボードは、9段階で角度調整できるため、身体の硬さに合わせた、またその日のコンデイションに合わせたストレッチが可能です。
始めは低い角度からスタートして、徐々に角度を上げてストレッチを行うと、効率の良いストレッチができますね。
かかとが当たる部分には保護マットが付いてますので、ボードに乗るとかかとが痛いといったこともありません。
耐荷重600kgと耐久性も抜群です。

まとめ

私は長年悩まされてきた腰痛の原因がひざ裏にあると、20年たって気が付きました。
それまで灸や針も含め様々な治療法を試してきましたが、あれは何だったんでしょうね。
でも結局は正しい姿勢を保つということが基本なんです。
日頃から背筋を伸ばした、そしてひざ裏も伸びた正しい姿勢を意識したいものです。

読んで頂き、ありがとうございました。

以下の映画(全般)ランキングのボタンのクリックをお願いします。


映画(全般)ランキング

タイトルとURLをコピーしました