ウォーキング時のスズメバチ対策にポイズンリムーバーを!

3.5
トレーニングアクセサリー
そろそろ暑くなってくるとやってくるのがスズメバチ。
私、大嫌いなんです。というより怖い。
夏、ウォーキングをしている最中に後ろからスズメバチの羽音がしてドキッとさせられたことがあるんです。

ウォーキングにとっての最大の脅威、スズメバチ

私は日常的によく歩きます。
どこへ行くのも大体は歩いているんです。
休日だと、近くの神社の石段を登る、神社の裏庭を抜けてうっそうとした茂みの中を登っていく、といった高低差のあるコースも選びます。
舗装された平坦な道路を歩くだけでは負荷が物足りないので、短時間でより大きい負荷を求めようとするとどうしてもそういったコース選択になるんです。
しかし私のような様々な場所を歩く人間にとって脅威なのがスズメバチですね。ダントツに。
では夏はそういう危険な場所を避ければいいとも思うのですが、彼らが活動するのは夏の間だけではないんです。
スズメバチが活動する時期というのは意外に長くて3月から11月頃と言われています。
しかも平地にいないかというそんなことはありません。
民家の軒の下などに大きな巣を作ったりしていますから。
言ってしまえばほぼ一年中、どこにいてもスズメバチの脅威はあると言えますよね。
そしてスズメバチが最も怖いのは命の危険があるからです。
うっかり巣のそばを通って彼らを怒らせてしまったらスズメバチの大群に襲われて逃げ場もないでしょう。
そこまで想定しても、なおウォーキングしようと考えるとやはりちゃんと対策をした方がよいですよね。

ウォーキング時のスズメバチ対策

服装

まずはウォーキングする際の服装を考えましょう。
スズメバチは黒いものに向かって攻撃してくるという習性がありますから、黒と言えば髪の毛。
髪の毛を隠すために帽子、しかも黒色ではない色の帽子が必須ですね。
それと黒いものと言えば目(瞳)があります。
まぶしい太陽光対策も兼ねてサングラスも必須ですね。
しかも黒いサングラスではないほうが良いでしょう。
腕や足をむき出しにするのも避けましょう。
長袖・長ズボンが基本ですね。
こちらも黒色のものは避けましょう。
くるぶしもむき出しの部分を覆うような靴下の方が無難ですね。
暖かくなると首の部分がむき出しになりますが、これはもうタオルを巻くしかないでしょうね。
暑さ対策に冷却タオルとか今は便利なものもあります。
そして全身に虫よけスプレーを振りかけておきましょう。

ポイズンリムーバー

服装対策をしても、それでも万一、スズメバチに刺されたらどうしましょうか?
急ぎ救急車を呼ぶというのは基本です。
それでも救急車が到着するまでに出来る応急処置があるんですよ。
まず一番にやるべきは毒を吸い出すことなんです。
刺された箇所をナイフで切り裂いて口で毒を吸い出せばいい、なんてことは全くありません。
傷口に雑菌が入る可能性がありますし、口で毒を吸うなんて、どれほど危険か知れたものではありません。
そこで活用したいのがポイズンリムーバーです。
注射器のような形状をした器具で、吸い口を刺された箇所に押し当てハンドルを引いて毒を吸い出す、という仕組みです。
かさばるものではありませんので携帯に便利です。
いくつもの商品がありますが、私が気になった点は以下の3点です。
焦っている中でも、片手だけで簡単に操作できること。
吸い口が万一、破損したり紛失した際のために予備があること。
小指などの小さい部分にも適用できるサイズの吸い口があること。​

商品紹介

そこで見つけたのがこちら。

新型 ポイズンリムーバー 便利なロック機能付き SUCTION-X

片手だけで簡単に操作できます。
吸い込み口が21.5mmと6mmの2サイズあり、予備もあります。
そして最大の特徴が、吸引中に手を放せるという点なんです。
従来のポイズンリムーバーだと吸引が終わるまで ハンドルを引き続けていなければなりませんでしたが、こちらの「SUCTION-X」は、国際特許を取得したロック機構により、吸引中に手を放しても吸引されるようになっているんですよ。
ハンドルから手を放せるから、空いた手で携帯をかけたり、リュックの中の薬を探したり、ということも出来ますよね。
ウォーキングに限らず外出する際はリュックに常備しておきたいものです。

まとめ

これだけの対策をしたうえで、でもそれでも危険だなあと何となく感じるようなら、そのルートは避けたほうがいいでしょうね。
安全なルートを選べるようになりましょう。
そういう野生の勘は大事なんですよ。
そして日頃から野生の勘を養いたいですよね。
そのためにも積極的に外に出て歩いてみましょう。

読んで頂き、ありがとうございました。

以下の映画(全般)ランキングのボタンのクリックをお願いします。


映画(全般)ランキング

タイトルとURLをコピーしました