筋トレ初心者には自動リバウンド式腹筋ローラーがおすすめ

4.5
筋トレツール

学生時代に運動をしていた私も仕事をするようになってからはどうしても運動不足に陥っていました。

それでも自宅で出来る腕立て伏せ・腹筋・スクワットなどは思い出したようにやっていたんです。

今でいうところの自重トレですね。

ただ回数は増やせても果たしてそこまでの効果はあるのかという疑問を持つようになったんです。

「自重トレ」とは、トレーニングジムなどに行かず、またバーベルなどの器具も使わず、自分の体重のみを負荷として行う筋トレのことです。
「自体重トレ」とも言いますよ。

やはり腹筋100回くらいやらないとダメなんでしょうか?

回数を追ってもダメなんです。

質が大事なんですよ。

そこで筋トレで効果をあげるためには多少の器具(ツール)も使うべきだと考え、まず一番気になっているお腹(腹筋)を鍛えるために「腹筋ローラー」を購入してみました。

自動リバウンド式腹筋ローラーがおすすめな3つの理由

自動リバウンド式により安全で怪我をしない

自動リバウンド式というのは、ローラーに内臓されたスプリングが上限に達すると自動的にブレーキをかけてくれる仕組みのことです。
例えばこういうことなんです。

腹筋ローラーを握って体を前に押し出していきますね。
その際、体が前に伸びすぎてそのままばったり顔から床に落ちる。
そういう危険性があるのではないかと不安になりますよね。

ところがこのスプリングのお陰で、適度に体が前に伸びた段階で「カチッ」と音がしてローラーにストップがかかるんです。

そしてこの時、少し元に戻ろうとする反発があるので、ローラーを手前に引き戻しやすくなっているんです。

体がばったり床に落ちる危険性はなく、また反発を利用して元の体勢に戻りやすくなっているので、とても安全なんですよね。

怪我をしては意味がないですよ~

まだ筋力のついていない筋トレ初心者にとっても、とても取り組みやすい構造になっているんです。

そしてこの「カチッ」いう音が心地いいんですよ。

体をしっかり伸ばしたという目安であり、またその証拠でもあり、一種の快感も感じられますよ。

従来の腹筋ローラーに比べ、ローラー自体の幅は約17㎝とかなり広くなっています。

そして、オートバイのタイヤのような凸凹の設計になっているため、滑りにくくより安全になっていると言えます。

マンション住まいの方でも、階下に迷惑をかけない静音性

従来の腹筋ローラーの場合、転がすたびにゴリゴリ音がなるためマンションの階下に迷惑をかけるのではないかという点が気になります。

音は大丈夫なのかな?

 

迷惑はかけたくないですよね。

この腹筋ローラーですが、表面が多重構造の柔らかいラバーで保護されているため耐摩耗性は抜群で、かつ静音性に優れています。

私もフローリングの床で転がしていますが、音は全く気になりませんし、床を傷つけることもありませんね。

筋トレとしての効果は初心者~中級者にもあり

ローラーに内蔵されたスプリングにより前方まで行き過ぎることがなく、また筋力が弱くても元の姿勢に戻りやすいようアシストしてくれているという感じです。

初心者には取り組みやすいローラーだと言えますね。

では、ある程度トレーニングを積んだ中級者にとって、物足りないのではないかというとそんなこともありません。

腹筋ローラー初心者はまず膝コロ(膝を着いた状態で転がす)から始めるかと思いますが、それを立ちコロ(立った状態で転がす)に変えると負荷が大きくなります。

参考おそらく体感では、膝コロでやる場合に比べ5倍~6倍もの負荷に感じるのではないかと思います。

つまり一日10回も立ちコロでやればそれだけで効果があるはずです。

またローラー幅が広く(約17㎝)安定しているので、前方へ押し出すだけではなく、ローラーを少し斜めに傾けるようにして左右やや斜めに押し出していくことで、腹直筋だけではなく普段鍛えにくい腹斜筋も鍛えることが可能になります。

様々な角度へのローリングが可能となることで筋トレ中級者にも満足のいくトレーニングが可能になりますね。

おすすめ自動リバウンド式腹筋ローラー5選

YINIXIN 腹筋ローラー(2020年最新)アブホイール自動リバウンド式

項目別評価

安全性    ☆☆☆☆

静音性    ☆☆☆☆☆

効果(負荷) ☆☆☆☆

「自動リバウンド式腹筋ローラー」で検索すると似たような商品がいくつも表示されるかと思いますが、私が使っているのはYINIXIN腹筋ローラーです。

でもCOREFLEXのCOREFLEX 腹筋ローラー 超静音アブホイールなどもほぼ同じ物ですね。

いずれも膝マット付きです。

ローラーの幅が広いこと(約17㎝)、グリップ部分が単純に握るタイプではなく、手の平を載せるようなタイプでしかも親指だけを置く場所のあるのが特徴的です。

グリップを握りしめる必要のないこういう手を載せるだけのタイプの方が楽で扱いやすいんですよ。

Koopro 腹筋ローラー カウント機能 自動リバウンド式

項目別評価

安全性    ☆☆☆

静音性    ☆☆☆☆

効果(負荷) ☆☆☆☆

こちらの商品も自動リバウンド式腹筋ローラーですが、運動時間、回数、消費カロリーなどのリアルタイムの運動データが表示される仕組みになっています。

便利そうなカウント表示機能が付随しています。

ただ、このカウント表示機能を毎回毎回まめにチェックするか、というとそこは疑問ですね。

初心者の場合、まずは継続することが大事ですから、毎回気軽に始められる、ということを重視したほうが良いと思います。

気軽に始めよう。

また若干、作りが安っぽいので本体自体の耐久性には不安が残るところです。

滑るような床面だとうまく動かないといったこともありそうです。

Motomo 腹筋ローラー 自動リバウンド式

項目別評価

安全性    ☆☆

静音性    ☆☆☆

効果(負荷) ☆☆☆

自動リバウンド式腹筋ローラーで、特徴はそのローラーの幅ですね。

何とローラーの幅は17.5㎝もあります。

グリップも手のひらを載せるタイプなので初心者には扱いやすい商品だと言えます。

但し、耐久性にネガティブなレヴューがいくつか見られます。

ボディスカルプチャー腹筋ローラー引き起しアシスト機能搭載

項目別評価

安全性    ☆☆☆

静音性    ☆☆

効果(負荷) ☆☆☆

本商品は太めのローラーが前後に2つついている二輪タイプです。

そのため安定せずひっくり返るなどの心配はありません。

体を引き起こすアシスト機能が搭載されているので、初心者向きの商品です。

但し、ローラーの表面はオフロードタイヤのようにゴツゴツしたブロックが付いていて滑りにくくて良いのですが、マンションなどのフローリングだと、転がり音が階下に伝わってしまう可能性があります。

グリップも通常の真っすぐなタイプなのでしっかり握る必要がありますね。

東急スポーツオアシス ダブル腹筋ローラー (直径18cm×高さ34cm) バネ アシスト機能付き

項目別評価

安全性    ☆☆☆

静音性    ☆☆☆

効果(負荷) ☆☆☆

こちらはフィットネスクラブが作ったバネで戻るアシスト機能付きの腹筋ローラーです。

ローラーの幅も広いので安定性があります。

グリップも大きめで握りやすい形状にはなっていますが、手を載せるだけでいいというほどでもありませんので、やはりしっかり握る必要がありそうです。

戻るときの音が気になるというレビューがいくつか見られますね。

まとめ

腹筋ローラーは腹筋を鍛えるだけではなく、やってみるとわかりますが、体幹は勿論、背筋、腕、足と全身に効果があるのだろうと思います。

ただやりすぎには注意!!です。

思いっきり体を伸ばしてしまい体が反ってしまうことで、かえって腰を痛めてしまう可能性がありますよ。
ゴーワイ
ゴーワイ

やり過ぎて腰を痛めてしまっては元も子もありませんね・・・

腰は反らせず、むしろ背中を若干丸めたようなフォームで行うことが重要なんですが、この自動リバウンド式腹筋ローラーだと適度な地点で「カチッ」とストップがかかるので安心です。

そして初心者向け商品選びのポイントは、「ローラーの幅」「グリップの形状」ということが言えますね。
筋トレは継続することが大事です。

私も、床に転がっているこのやや大きめの腹筋ローラーを目にしたら「ちょっと立ちコロくらいやっておこうか」と気楽に取り組んでいますよ。

継続が大事!

読んで頂き、ありがとうございました。

以下の映画(全般)ランキングのボタンのクリックをお願いします。


映画(全般)ランキング

タイトルとURLをコピーしました