あに図らんや もう一転するとは…..「12人の優しい日本人」

心の筋トレ(映画)

本作は1957年シドニー・ルメットによるアメリカ映画「十二人の怒れる男」(12 ANGRY MEN)へのオマージュとして、「もし日本にも陪審制があったら?」という仮定のもと製作された作品です。

本家と同様にキャラの立った12名の陪審員が終始、一つの部屋の中で繰り広げる会話劇です。

1.陪審員を描いた日本映画

1)だるい展開が俄然、面白くなる

正直、3分の1あたりまでの展開はだるく感じました。

冒頭、ドリンクをオーダーする場面で、それぞれの陪審員たちの個性を現わしているのでしょうけど、ここはちょっとやり過ぎ、と感じましたね。

現実、こんなに様々なメニューを銘々がオーダーするなんてないでしょう?

例えば、「ヤクルト」とか。。。オーダーしないですよね、普通。

11名全員、無罪と意見表明したところで一人2号陪審員が有罪を主張し始めます。

でも彼、皆に「議論しましょうよ、議論しましょう・・」と言うばかり。

でも、自分以外は全員反対、という状況でそこまで自己主張できるものでしょうか?

それも初めて出会った知らない人間ばかりの中で。

それこそ日本人が・・・とやや疑問に思いました。

またこの2号陪審員の「とにかく議論しましょう」一点張りの主張にはちょっと食傷気味といった感がありましたね。

このあたりで「こんな調子の映画なの?」「ちょっとだるいなあ・・・」とやや落胆し始めたのですが、しかし、2人目の有罪を主張する人物(陪審員9号)が現れてから俄然、面白くなってきますよ。

2)結局、最強だったのは

最初から最も真実に近づいていたのが10号の中年女性、演じるは林美智子さんでした。

でも彼女、豊川悦司演じる陪審員11号のサポートを得ないとろくに意見表明もできなかったんですよ。

女性の直感とでも言うのでしょうかね。

てこでも動かない、と言ったらよいでしょうか。

理屈は通じませんよ。

かといってガンガン自説を主張するわけでもないんです。

一見、おしとやかで弱々しそうなのに、誰に何と言われても頑として自分の意見は曲げません。

こういう人って現実にいそうなんです。

観ていてちょっとイラっとしてしまいます。

だけどこういうのが一番手ごわい相手ではないでしょうか。

本作では同じようなタイプの中年男性と結果、タッグを組む形になりましたが、最強タッグでしたよね。

そこに論理的な、弁の立つ、豊川悦司演じる11号がようやく参入してきて終盤、盛り上がってきます。

3)あに図らんや もう一転するとは

以下ネタバレあります。

12名のうち11名全員が無罪を主張、そこで1名が有罪を主張し、全員を納得させ、有罪へと導いていく。

そういうストーリーなのかと終盤までは思っていました。

ところがどっこい、話はそこで終わりません。

もう一転するんですよね。

これは予想外でした。

「おーっと! そう来たか~!!」という感じ。

これがあるなら、ドリンクオーダーのシーンなど省いて、前半もう少しテンポよく進めて、そして、二転三転・・・と進めたほうが、もっとインパクトあって良かったんじゃないでしょうかね、と思いましたよ。

この部分、本家のアメリカ映画にはなかった展開でとても面白いです。

感心しました。

ですから、前半をもっと凝縮してもよかったかなあという思いですね。

2.「12人の優しい日本人」の作品概要

作品概要

作品名:「12人の優しい日本人」

監督:中原 俊

脚本:三谷幸喜、東京サンシャインボーイズ

出演:豊川悦司

3.あとがき

豊川悦司は本作で注目され始めたらしいですね。

終盤、他の陪審員と握手した時、彼の手の大きさに驚きました。

彼、身長186cmもあるのですね。

理知的でまたミステリアスな雰囲気もあり、印象強かったですよ。

それから10号陪審員を演じた林美智子さん。

登場してきた時から、見覚えのある顔・・・と、ずっと思ってたのですが、そう、彼女、NHK連続テレビ小説「うず潮」(1964)で主人公の林芙美子(「放浪記」など)を演じた方でした。

いやそれにしても面影というのは残るものなんですね。懐かしいです。

¥4,309 (2021/10/21 12:34時点 | Amazon調べ)

読んで頂き、ありがとうございました。

以下の映画(全般)ランキングのボタンのクリックをお願いします。


映画(全般)ランキング

タイトルとURLをコピーしました